そばかすは遺伝しますか?

子どもの頃から顔にそばかすやシミができるという人は稀です。
これは、それほど紫外線ダメージが蓄積されていないことや、肌のターンオーバーが活発なためなのですが、それにも関わらず子どもの頃からそばかすがあるとなると、遺伝の可能性を考えずにはいられませんね。

 

ここでは、そばかすと遺伝についてまとめてみました。

 

 

そばかすは遺伝する?

そばかすのある人が自分の家族や親戚に多いという人にとっては残念な情報ですが、そばかすは遺伝します。
しかも優性遺伝なので、子どもの頃からそばかすがあったという人の子供も、そばかすができる確率が高いでしょう。

 

また、大人になってからのそばかすについても、そばかすが出来やすい体質というものが遺伝していれば、それだけ出来やすくなってしまいます。

 

そのため、家族や親戚にそばかすがある人、若しくはあった人が多いという人は、きちんとしたケアをしてそばかすの発生や悪化を予防した方がいいでしょう。

 

 

遺伝性のそばかすの対処法

遺伝性のそばかすで、子どもの頃にできてしまうものについては、多くの場合思春期を過ぎた頃から徐々に薄くなってきます。
大人になった頃には、そばかすが全くないということもあります。

 

その状態を目指すためには、子どものころから正しいそばかすケアをすることが必要です。

 

 

まず一番重要なのは、紫外線対策をするということです。
子どもの頃からでも使える子ども用の日焼け止めクリームというものがあるので、そういったものを常用するようにしてください。

 

また、肌に刺激を与えないようにすることも重要です。
肌に刺激を与えると、メラニンが生成され、そばかすやシミができやすくなります。
この刺激とは、摩擦や炎症などといったものを含みます。
洗顔をするときには、強くこすり過ぎないように気をつけてください。

 

規則正しい生活も、そばかすケアには必要です。
食事では、紫外線対策に効果を発揮するビタミン類を意識して摂るようにしてください。
睡眠や適度な運動も、新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーが活性化されます。

 

 

遺伝性のそばかすだと、治らないものだと思ってしまうかもしれませんが、日々の生活で気をつけていれば、改善することは可能です。
正しいそばかすケアで、遺伝性のそばかすも撃退しましょう。