子どもと大人のそばかすの違い

そばかすは、子どもの頃から鼻や?に大量にあるという人と、大人になってからできてしまったという人がいます。
この2つのタイプのそばかすには、どうやら違いがあるようです。

 

子どものそばかすと、大人のそばかす、具体的にはどう違うのでしょうか。

 

子どもと大人のそばかすの違い

 

子どものそばかすと大人のそばかすの違い

子どもと大人のそばかすの違いは、その発生原因にあります。

 

そばかすの多くは遺伝性のものです。
そして、この遺伝性のそばかすは子どもの頃から出て来てしまいます。
この遺伝性のそばかすは、色が白い人によく見られます。

 

子どもの頃からできてしまうそばかすは、紫外線に対するケアさえしていれば、成長とともに自然と薄くなることもあるのが特徴で、この点が大人のそばかすとはかなり異なる部分です。

 

 

大人のそばかすは、紫外線や生活習慣の乱れ、肌ダメージ、ホルモンバランスの乱れなどが原因となってできてしまうものです。

 

子どもの頃にできたそばかすが消えないという人も、この大人のそばかすと同じような原因によって、そばかすが消えないままであるようです。

 

大人のそばかすは、自然に消えるということはほとんどなく、改善するためには適切なケアや治療が必要になります。

 

 

子どものそばかすの対処法

子どものそばかすは遺伝性であることがほとんどのため、予防することは出来ないと言っていいでしょう。
大人になるにつれ消えていくことも多いですから、肌を紫外線などのダメージから守るようにしていれば、それ以上濃くなったり、数が増えることを防げます。

 

日頃から子ども用の日焼け止めクリームをしっかりと塗り、肌の保湿を心がけましょう。

 

 

大人のそばかすの対処法

大人のそばかすはレーザー治療やフォトフェイシャルなどに頼れば、短期間で除去、もしくは目立たない状態にすることができます。

 

しかし、治療後の肌は弱い状態になっているので、しっかりと紫外線や外的刺激から肌を守る必要があります。

 

また、そういった治療に頼らないという場合でも、改善させるためはあります。
そばかす用のクリームや、ビタミンCのサプリメント等、色々なものがあるので、自分に合いそうなものを試してみましょう。