そばかすとフォトフェイシャル

そばかすやシミを美容皮膚科などで治療するというと、レーザー治療が思い浮かぶという人がほとんどではないでしょうか。
その他にもよく知られている治療法としては「フォトフェイシャル」というものがあります。

 

ここでは、このフォトフェイシャルとは何か、そしてそばかすに対してどのような効果があるのかをまとめてみました。

 

 

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは、レーザーよりも弱い光を肌の広範囲に当てるような治療で、そばかすをはじめ、シミやくすみ、色素沈着に対して効果を発揮するものです。
ルミナス社のフォトフェイシャル用の機器を使って行われる背術です。

 

その他、美肌効果やシワを軽減する効果もあり、お肌の悩みのほとんどに対応できます。

 

 

レーザー治療では、1ショットの照射の範囲が狭いのですが、フォトフェイシャルだと顔全体などかなり広範囲の照射であっても、短時間ですみます。

 

この光は紫外線なため、光を弱くしてしまうとかえってそばかすがひどくなってしまうこともあるので、適切な照射強度が必要です。

 

 

フォトフェイシャルは医療行為のため、医療機関として認可されている美容皮膚科などでないと、施術を受けることができません。
サロンなどで、フォトフェイシャルのような施術が行われていますが、フォトフェイシャルに比べると効果が劣るため、価格的には安いのですが、しっかりとした効果を求めるなら医療機関での施術をおすすめします。

 

 

 

フォトフェイシャルのそばかすへの効果

フォトフェイシャルはそばかすに対してどの程度効果があるのでしょうか。

 

例えば、大きく年季のあるシミだと、フォトフェイシャルで完全に消すのは難しく、レーザー治療の方が効果を実感できるのですが、そばかすはフォトフェイシャルでも1、2回の照射でほとんど消えてしまうという人もいます。

 

これは、そばかすのメラニン色素は、皮膚の浅い部分に蓄積しているためです。
そのため、皮膚の深い部分まで照射を行わなくても、消すことができるのです。

 

ただし、フォトフェイシャル後の皮膚は紫外線などでダメージを受けやすいため、日焼け止めなどでしっかり肌を保護する必要があります。
これを怠ってしまうと、却ってそばかすが悪化してしまうこともあるのです。