フレキュレルの全成分

フレキュレルには有効成分をはじめとしたさまざまな成分が含まれています。
その全成分は下記のようになっています。

 

有効成分:トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル

 

その他の成分:ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、Nーステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス?1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2ーペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

 

難しい言葉が続くので、全ての成分を知っている人は少ないかもしれません。
しかし、植物の名前がちらほら目につくことから、植物由来成分がたくさん含まれていることがわかります。

 

また、添加物として知られている成分は含まれておらず、低刺激性であることがわかるでしょう。

 

肌の弱い人でも安心して使える成分ばかりが配合されているフレキュレルなら、添加物に肌が反応してしまうという人でも安心して使えます。