そばかす除去とレーザー治療

そばかすは、美白化粧品などを使って改善することができますが、これには長期間のケアが必要です。
しかし、レーザーで治療を受けるなら、すぐにそばかすを薄くできます。

 

ここでは、そばかすのレーザー治療と、その除去効果について説明していきます。

 

そばかす除去とレーザー治療

 

そばかすのレーザー治療

シミ取りでよく知られるレーザー治療ですが、そばかすの治療にも効果的です。

 

そばかすを治療するときによく使われるレーザーは、「Qスイッチレーザー」と呼ばれています。
Qスイッチレーザーは直径が1mm×1mmなどの細かいそばかすやシミに効果的なレーザーです。

 

そばかすのある部分にレーザーを照射し、その後10日間程度は処方されたクリームを塗り、テープで保護して過ごします。

 

レーザーを照射した部分は、一時的に赤く腫れることもありますが、照射後数時間で落ち着いてきます。
また、テープ保護が必要な期間、一時的にそばかすが濃い茶色になるのでびっくりしてしまうかもしれませんが、この茶色の薄皮の下にピンク色の新しい皮膚がいるので、安心してください。

 

 

テープ保護が終わったら、日焼け止めやハイドロキノンの軟膏でケアして過ごすというのが、大体の流れです。
レーザー照射後の皮膚は、他の部分よりも弱くなっているので、重点的なケアをする必要があります。

 

 

レーザー治療のそばかす除去効果

前述のような流れがレーザー治療の主な流れとなっています。

 

では、この効果がどの程度のものかというと、美白化粧品やサプリメントでそばかすケアをするときよりも、即効性があり、はっきりとわかる効果を実感できます。

 

レーザー照射後のテープ保護が終わり、茶色の薄皮が取れた時点でほとんどの人が効果を実感するはずです。

 

ただし、レーザー照射後のアフターケアを怠ってしまうと、前よりもそばかすがひどくなってしまうこともあります。
前述のとおり、これはレーザー照射後の皮膚が弱いためです。

 

そのため、早期にレーザー照射の効果を実感したという場合、アフターケアを怠らないように注意が必要なのです。

 

アフターケアの仕方は、治療を受けたクリニックで案内がありますので、それに従うようにしましょう。