そばかすをケアできる化粧品をご紹介しています。

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】

 

そばかすがあるせいで、コンプレックスを抱えてしまっている方は多いですね。

 

そばかすがあると、隠す方向に行ってしまい、コンシーラーやファンデーションの厚塗りになりがちです。
そばかすが目立つ女性は、色白でキメが細かい肌を持つ方が多いのですが、
「そばかすのおかげで台無し!」
「すっぴんでいられない!」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

コンプレックスで自信がない
顔全体に広がるそばかす…なんとかしたい!

 

そばかすが自分のチャームポイントだと言い切れる女性がどれだけいるでしょうか?

 

できればシミもそばかすもないクリアな素肌でいたいはずです。

 

 

 

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】

そばかすのケアに大切な成分とは

 

顔にたくさん密集してできてしまうそばかす。なるべくそれ以上濃くならないように、そしてできれば薄くなるといいですよね。
そばかすが濃くなる原因は、メラニンにあります。そこを理解していると、どういった成分が必要なのかわかるでしょう。そばかすケアに大切な成分とは、メラニンの生成を抑制するような成分です。それにはこのような成分があります。

 

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は美白化粧品などでよく見る成分です。この成分には、抗炎症作用があり、そのはたらきによってメラノサイトというメラニンの素となるものの活動を抑える効果があります。
メラニンが生成されづらくなり、そばかすが濃くなることを防ぎ、また出来てしまっているそばかすの色を薄くする効果が期待できます。

 

バイオベネフィティ

バイオベネフィティとは、メラニンの生成を促進する物質のはたらきを阻止する成分です、
このはたらきにより、間接的ではありますがメラニンの生成を抑え、そばかすができてしまうのを防ぎます。

 

タイムエキス

タイムエキスは、メラニンが細胞内で移動することを抑制する成分です。これにより、メラニンが皮膚の表皮細胞に移動するのを防いでくれます。

 

シュガースクワラン

シュガースクワランは、メラニンを排出するような効果をもつ成分です。不要なメラニンを、体外に排出してくれるため、そばかすが増えたり、濃くなるのを防ぎます。

 

アルピニアアカマツダイ種子エキス

この長い名前の成分は、聞きなれないという人もいるでしょう。この成分は、メラニンが合成するプロセスにブレーキをかけるような効果があります。メラニンが生成されてしまう前に、それを食い止めるということです。

 

ビタミンC誘導体

美白成分としてとても有名なビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌の奥まで吸収しやすいようにしたものです。ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぎます。
すでにできてしまっている色素沈着にも、これからそばかすやシミになりそうなものにも、効果があります。
そばかすケアだけではなく、美肌にも効果的です。

 

これらの成分を含む化粧品がフレキュレル!

 

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】

 

 

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】

 

フレキュレルの使い方

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】

 

そばかすケア商品というと、使い方がめんどうなイメージがないでしょうか。

 

フレキュレルは、オールインワンなので、夜の洗顔後はこれひとつでOK。
夜、寝ている間にフレキュレルの成分がじっくり浸透して、そばかすをケアしてくれます。

 

朝と夜に2回のケアが必要ですが、そのケア方法はとても簡単です。
ここではフレキュレルの使い方をご紹介します。

 

フレキュレルの基本的な使い方

前述のように、フレキュレルを使うときには朝と夜の2回のケアが必要ですが、そのメインは夜寝る前となります。

 

寝る前に顔をクレンジングと洗顔料でしっかりと化粧や汚れを落とします。その後、フレキュレルを10円玉くらいの大きさ分手に取って、顔全体に満遍なく塗りましょう。このときに、下から上に引き上げるようにして全体になじませます。

 

その後、そばかすが目立つ部分に、フレキュレルを重ね塗りします。そのまま眠ってしまえば、寝ている間にフレキュレルがそばかすに働きかけます。

 

朝起きた時のケアはもっと簡単です。寝る前に塗り込んだフレキュレルを、まずは洗い流してください。その後は通常通り、化粧水などでお肌のケアをします。メイク前にはフレキュレルを薄く塗っておくと、もっと効果的です。

 

 

フレキュレルの効果を発揮させるために

基本的な使い方は上記のような流れになります。もちろんこのとおりにするだけで、フレキュレルの効果を実感することができるでしょう。しかし、もっと効果を感じるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

フレキュレルを使う人は、風呂上がりの顔のスキンケアの時に使うようになるでしょう。しかし、お風呂から上がって寝るまでの間に時間が空いているという人は、寝る前にはフレキュレルが部分的に取れてしまっているかもしれません。そういう場合は、もう一度そばかすが気になる部分にフレキュレルを重ね塗りしておきましょう。
フレキュレルのウェブサイトでは朝のケアはとても簡単なものですが、メイクの邪魔にならないのであれば、そばかすが気になる部分に重ね塗りをしたり、少しだけ多めに塗ってもいいでしょう。
ただし、夜塗ったぶんを一旦洗い流すということは忘れないようにしましょう。

 

 

 

私の場合、1か月くらい続けた時に、肌がとても明るくなったのを感じました。

 

今までそがかすが固まっていた部分はコンシーラーで隠して、その上にファンデーションを厚塗りしていたのですが、その必要がなくなりました。

 

フレキュレルでパックしているおかげか、肌がきめ細かくなり、毛穴まで目立たなくなってきました。

 

 

そばかす化粧品【そばかすケアにおすすめのコスメ】
彼と旅行に行く機会があったのですが、当然ノーメイクで過ごすことになり…
以前だったら、すっぴんをさらすなんてとんでもない!って感じでしたが、フレキュレルのおかげで肌がきれいになり、自信がついたことで自然でいられたと思います。

 

朝の明るい光の中で、きれいだねって言われたときは本当に信じられなかったんですが…
本当に幸せな気持ちになりました。

 

もう、彼と顔を近づけても大丈夫です。
フレキュレルに感謝の気持ちでいっぱいです。

フレキュレルはそばかす専用コスメ

美白化粧品というと、シミを対象にしたものが多いですよね。そばかすはそのついでのように説明されていることが多いのではないでしょうか。
しかし、フレキュレルはそばかす専用のケア用品です。ですから、そばかすで悩んでいる人にとっては最適なケア用品と言えるでしょう。

 

フレキュレルはそばかす向けのコスメ

ちまたにメラニンの生成を抑制するような美白化粧品は数多くあります。しかし、そのどれもがシミのケア向けという部分が前面に押し出されていて、前述の通りそばかすはそのついでというような扱いです。

 

シミとそばかすはメラニンが関わっているという部分は共通しています。しかし、異なる部分もあるため、シミ向けにつくられた化粧品、そしてシミとそばかす両方に向けて作られた化粧品全てが、そばかすに最適な効果を発揮するとは言えません。

 

しかし、フレキュレルはそばかす専用に開発されたクリームです。そのため、シミはなくてもそばかすがたくさんあるという人にとっては、最適なクリームなのです。

 

そばかすに最適なフレキュレルの特徴

フレキュレルには、そばかす治療にも使用されるトラネキサム酸が含まれています。トラネキサム酸にはメラニンの過剰な生成を抑える効果があります。
そのほかにも、メラニンの生成を抑えるような成分、例えばタイムエキスやバイオベネフィティなどが含まれていて、これらがそばかすが濃くなったり増えたりすることを防止しながら、すでにできているそばかすにも働きかけます。

 

また、保湿成分も豊富に含まれていて、低刺激性でもあるので肌をいたわりつつ、刺激するようなことはありません。
そばかすに最適なコスメではありますが、メラニンに働きかけるという点では、シミにも一定の効果を発揮します。そばかすの方が気になるものの、シミも少しあるという人や、将来のシミを予防しながらそばかすケアをしたいという人にも、フレキュレルは最適なコスメと言えるでしょう。

他の方法と比べ簡単で経済的

フレキュレルのメリットには、簡単に使えて経済的だという部分もあります。ここでは、フレキュレルの使い方や金額に的を絞って、フレキュレルがどんなコスメなのかをご紹介していきます。

 

フレキュレルの使い方はとても簡単

そばかすやシミのケアというと、なんだか難しく手間がかかるものを想像する人もいるかもしれません。しかし、フレキュレルの使い方はとても簡単です。
一言で言うなら、顔に塗って一晩寝るだけでほとんどケアは終わりです。

 

詳細に説明すると、洗顔後寝る前に顔全体にフレキュレルを塗り広げ、そばかすが気になるところに重ね塗りをし、あとは朝起きた時に洗い流すというだけのステップです。そして、朝メイクをする前にまた顔に薄く塗り広げてメイクをすると、効果的です。

 

ささっと塗って寝るだけという簡単な使い方にも関わらず、フレキュレルはしっかりとした効果を発揮してくれます。
これならスキンケアの一環として行えるので、面倒で途中で使えなくなるなんてこともないでしょう。

 

フレキュレルは経済的

フレキュレルは、継続利用なら1ヶ月分が4,500円未満で毎月買っても無理のないお値段です。
いままでドラッグストアの化粧品しか使ったことがないという人にとっては、フレキュレルも高価に感じてしまうかもしれません。しかし、多くの美白化粧品は数万円というような値段を一度に払わなければならないこともあります。

 

もちろん効果はしっかりとしたものです。それにも関わらず、1ヶ月の値段が5,000円もしないという脅威のコストパフォーマンスを誇ります。
3ヶ月も使えば、その効果を実感したという口コミも多く、使用者の多くがすっぴんで出かけることができるようになったそうです。

 

そばかすのケアだけではなく、肌の全体的なケアも同時にできるのも嬉しい効果ですね。
安価であるにも関わらず返金保証もあるので、効果がでなければ返金してもらえますし、続けやすい価格だということがフレキュレルのメリットです。

そばかすができてしまう原因

ここでは、そばかすができる原因について探ってみたいと思います。

 

そばかすの原因は主に遺伝性だと言われていますが、大人になってできるそばかすもあります。大人になってできるそばかすは、後天的な要素が強いようです。
ここでは、先天性のものと後天性のものにわけて、原因を探ってみましょう。

 

先天性のそばかすの原因

先天性のそばかすは、前述のとおり遺伝性のことを指します。子供の頃からできるそばかすは、すべてこの先天性のものです。先天性のそばかすは優先遺伝で、両親のどちらかにそばかすがあるという場合は、その子供も子供の頃からそばかすができてしまうことが多いようです。
先天性とはいえ、紫外線や摩擦などの刺激を受けると、元々の色よりも濃くなってしまったり、そばかすが増えてしまうことがあります。

 

年齢を重ねるにつれ薄くなることも多く、ケアをしていればほとんど目立たないレベルにまで改善することができます。逆に、きちんとケアをしていないと、後述の「後天性のそばかすの原因」と同じように、大人になってからもそばかすが増えてしまうこともあります。

 

後天性のそばかすの原因

そばかすのほとんどが前述の先天性なのですが、様々な影響によって大人になってからもそばかすができることがあります。
その主な原因は、紫外線ダメージです。紫外線ダメージがなぜそばかすを作ってしまうかというと、紫外線の影響で活性酸素が発生することでそばかすができるためです。
紫外線ダメージの他には、摩擦や炎症などの外的な刺激、喫煙、飲酒、ストレスなどもそばかすの原因となります。

 

また、そばかすができやすい体質というものがあり、そういった体質の人は、紫外線や外的刺激などの影響から、そばかすができやすいのです。体質は遺伝の要素が強く、そばかすのある人が多い家系の人は、人よりもそばかす予防・ケアに力を入れていないと、そばかすができてしまいます。

 

厳密にはこれは先天性の原因と言えるかもしれませんが、子供の頃はそばかすがなかったにも関わらず、大人になってからできる人もいるため、後天性に分類しています。

そばかすとシミの違い

そばかすとシミを同じだとは思っている人も少なくないのではないでしょうか。この2つは似ているものではありますが、どうやら性質が異なるもののようです。

 

ここでは、そばかすとシミの違いをご説明します。

 

そばかすとシミの違いとは

そばかすとシミの大きな違いは、そばかすは遺伝性のものが多く、シミは後天性のものだということでしょう。
遺伝性であるそばかすは、幼いころからでもできることがあります。一方シミは30代以降にできるという人が多いのが特徴です。

 

また、その見た目も若干異なります。そばかすは、細かいものが鼻や頬のあたりに密集してできますが、シミは細かいものから比較的大きなサイズのものまで出来ることがあり、場所も頬の辺りが多いもの、どこにでもできる可能性はあります。

 

そばかすの原因は主に遺伝ですが、紫外線を浴びることでそばかすの量が増えたり、色が濃くなります。
一方、シミは紫外線ダメージだけではなく、ニキビ跡や炎症など、肌トラブルによってメラニン色素が肌に沈着してしまうことが原因となっています。

 

このように原因や見た目に違いがあるものの、そばかすとシミは、紫外線による刺激やメラニンが関係しているということは共通しています。

 

 

対策方法も違うの?

そばかすとシミは違うものだということは、前述のとおりです。では、それぞれの対策方法も違ってくるのでしょうか。

 

そばかすについては子供の頃からあることが多いので、その頃から皮膚科などで治療を行うこともできます。シミについても、美容皮膚科で治療を受けることが可能です。

 

セルフケアの場合だと、遺伝性のそばかすは完全に消すのは難しいのですが、悪化させないような対策を行うことになります。そして、その対策は、シミ対策と同じような方法で行えます。
そばかすとシミは別のものですが、その対策方法は同じであるため、どちらもあるという人は一度にどちらに対しても対策を行うことができるのです。

更新履歴